さらば愛しきストレンジャー


ミシン 嶽本野ばら

今日読破。「ミシン」です。嶽本野ばらさんの本です。
あの下妻物語の作者ですね、今回初めて読みましたが、とにかく文体が美しい。
少女の心が美しい文体で描かれています。
「世界の終わりという名の雑貨屋」と「ミシン」の2作からなる本で、野ばらさんの初の小説みたいです。
両方、本当に切ないです。泣きそうになりました(泣かなかった  ふぇ
ストーリーを言うとネタバレ(?)になりそうなので、今後も控えますが、この独特の切なさをこの文体で書き表すことによって素晴しい空間を作ってる、て感じがします・・・。

余談ですが、MILKかわいいです*PUNKとはちょっと違う気がします。
メルヘン入りのゴスみたいな・・・ね。
でもお高いので雑誌でみてかわいーなー。って(笑
バンビのタンクトップとか可愛すぎなんだよぉ

f0079744_2291438.jpg
[PR]
by x5dhzmmisoni | 2006-03-08 22:18

<< 暗黒童話 乙一      8.1 山田悠介 >>

謎な中学生MAいこによる書評*
by x5dhzmmisoni
カテゴリ
全体
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「どちらかが彼女を殺した..
from 男を磨く旅
相沢咲姫楽(さきら)ちゃ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
8.1
from のりぞーちゃんのブックレビュー
白夜行 完全版 DVD-..
from 白夜行 完全版 DVD-BO..
一円・東野圭吾
from 一円
@ベイビーメール
from 長く輝かしく陰鬱と轟く日々
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧