さらば愛しきストレンジャー


ある閉ざされた雪の山荘で 東野圭吾

かなり久々更新 あんまり楽しみにしている人なんていないかもだけどすみません
自分に反省
読んだ本、すべてを書評するわけではないのですがやはり更新しなすぎorz
うん、とりあえず頑張ります

で、今日の本題 ある閉ざされた雪の山荘で再び東野圭吾です
これで、確か東野圭吾はエッセイ含めて25冊目。
もう、東野さんらしい ってのがわかってきました
しかし、絶対似通ったストーリーはないし、毎度毎度ドキドキさせられます。

これは、劇団のオーディションに合格した男女7名が、ある雪に閉ざされたペンションに集められ、一風変わった舞台の稽古をすることになる。その稽古は殺人劇であり、実際に起こったように舞台は進んでいく。  うーん説明しにくいですが、舞台の稽古、といっているが実際に殺人事件が起きているかも。 という話です
犯人(というか実際は殺してはいないけど)の動機が情熱的で(笑
トリックが非常に巧妙。というか三重構造なんて・・・・・いやはや最後にやっぱりドッキリです
この本は、なんか短い期間にわたっての小説だったので、読みやすいといえば読みやすいです*


それから、東野さん9月?(だっけ?)に新作だすみたいです。構想6年の長編。加賀刑事が出るとか出ないとか・・・・  「赤い指」というらしいです★楽しみ
[PR]
by x5dhzmmisoni | 2006-07-04 22:02

<< 最近読んだ本 めもめも      片想い 東野圭吾 >>

謎な中学生MAいこによる書評*
by x5dhzmmisoni
カテゴリ
全体
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「どちらかが彼女を殺した..
from 男を磨く旅
相沢咲姫楽(さきら)ちゃ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
8.1
from のりぞーちゃんのブックレビュー
白夜行 完全版 DVD-..
from 白夜行 完全版 DVD-BO..
一円・東野圭吾
from 一円
@ベイビーメール
from 長く輝かしく陰鬱と轟く日々
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧