さらば愛しきストレンジャー


殺人の門 東野圭吾

殺人を犯すには、様々な経緯があってーっていうことを知りました。
まあ、瞬間的なものもあるようです
最近は、京極堂もこんなこと言っていた様で、色々考えさせられる本でした。
納得いく、というか理解は出来ないけど、そういうことなのかなあ、と。

主人公は生まれながら裕福な家庭で育つが、家族は崩壊し、どんどん不幸になってゆく。
倉持が怖いですね。いつでもついてくるっていう。
でも少年のときから殺人に興味を抱くあたり、狂人な感じが・・・!
あの、お年寄りをだますシーンあたりが胸が苦しかったです。
最後のシーンは、うーん・・・・殺人の門くぐれたのだろうかって・・・・汗
多分くぐれきってはいないと思います 

昨日数時間で読んでしまったほどおもしろくて、田島の人生にのめりこめました。

いやはや、やっぱり東野圭吾は凄い!(いつもこれです 笑
[PR]
by x5dhzmmisoni | 2006-08-16 08:54

<< 活字不足。      魍魎の匣 京極夏彦 >>

謎な中学生MAいこによる書評*
by x5dhzmmisoni
カテゴリ
全体
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「どちらかが彼女を殺した..
from 男を磨く旅
相沢咲姫楽(さきら)ちゃ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
8.1
from のりぞーちゃんのブックレビュー
白夜行 完全版 DVD-..
from 白夜行 完全版 DVD-BO..
一円・東野圭吾
from 一円
@ベイビーメール
from 長く輝かしく陰鬱と轟く日々
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧